Top
Skin
by Animal Skin
日本語教育と家探し

ここ2日夏日です。 インディアンサマーという感じでしょうか?
連日水の公園で遊ぶ。今日さすがに暑すぎて30分で退散しましたけど。

a0119121_157727.jpg


家探しをするにあたって大きな部分がデニの『日本語教育』。

当初インターナショナルスクールを考慮していた私はポートランド市内!それも学校まで
10分程度(送り迎えのこともあるから)!と決めていました。
この学校、プレからグレード8まで日本人先生が日本語で授業してくれます。 
だけど月謝が高い。 私立だしそれは仕方ないと思ったのですが、この年齢にして
大学並みの月謝!?みたいな。 通わせられなくもないけれど、なんか納得しがたい。

それでもそこに通って日本語が完璧になることを考えれば安いものなのかもしれません。 
だけど、そんなに完璧になったとしても私が察するところデニが将来的に住むのはアメリカ
(だと思う)。英語は放っておいても覚えるからいいのですが問題は友達。 
インターナショナルを出た後普通の地元の中学、高校と進むのですが
そこには多分それまで一緒だった友達はいないだろうと予想され。
多感なお年頃に友達いなかったら辛いんじゃないかと私は思うのです。

これからほぼ毎年、時間と費用が許す限り3ヶ月近く日本で過ごす予定のデニ。
日本で学校に入れるかどうかは別として、私の両親とコミュニケーション取るレベルの
日本語ならそれで充分かなぁと。 読み書きができれば断然良いのですが、日本語の
マイナーさを考えると将来日本企業に勤めたい!という夢がなければそれもどうかな、と。
読み書きはこの教えるのが最高に下手な私ががんばってやるしかないのかもね。

で、もしインターナショナルへ入れないとなると家がポートランド市内でなくてもいいのでは?
私がこだわって探していた地域を諦め、Wの会社近郊になら安くて住みやすそうな家が
沢山あるし、そして私も多分そういういわゆる「一般的なアメリカ郊外」みたいな
雰囲気が好きだったりするし。

ポートランド市内には川を挟んで反対側に公立学校で日本語授業をしているところがあり
そこも割りと評価されてる様子。 じゃぁそこに家を、と探したけれど・・・ない。
不動産屋もその地域は勧めないんですね。 

公立学校に入れるとなると今度は学区で選ばなければ!(気づくの遅すぎ)ということで
学校のスコアリストとにらめっこ。 家を再び売ることを考えるとやっぱり学校の良し悪しは
決め手となるのでね。 学校のランクが "満足、かなり良い、最高" とあればやっぱり
"最高"の学区がいいだろうし。

ということで長くなりましたが家探しを又イチから、みたいになってます。
オファーをかけてる家はそのままで(いつでもキャンセル可能)市内ではないところを
探す予定。 ん~・・・道程は長い・・・。

a0119121_2175076.jpg

[PR]
Top▲ | by dailynow | 2009-09-11 01:54 | Denis
<< 家探しに決着 | ページトップ | 日常の一部 >>